本物志向

少女時代に私はイミテーションのアクセサリーを使っていると、直ぐに傷をつけてしまったり、剥げてしまったり、指輪をして馬に乗ると、その指輪が曲がってしまったりしてしまう方でした。ですから大人なったら本物を身に付けたいという思いが強くありました。それから馬の形のデザインの物が少なく、たまに馬のデザインの物を見つけても、好きな馬の形ではありませんでした。

写真は本物のはみ(馬を誘導する為に、口にくわえさせ手綱をつける道具)のミニチュア版

K18




閲覧数:20回0件のコメント